印刷について

カード印刷には、紙の印刷物とは違い成約が出てくる場合がございます。
カードの印刷において、2色刷りで印刷できるものや、4色刷り(オフセット印刷)なのかは、ぱっと見では分からない場合もございます。
当社では経験豊かな社員が対応致しますので、印刷色もすぐに見極め、いち早いお見積もりや作業に当たることができます。

オフセット印刷

写真のような美しさを実現

オフセット印刷

特徴

オフセット印刷とは、現在の印刷方式の主流として用いられる平版(へいはん)印刷のひとつです。
写真や色などの再現性に優れ、品質が重視される印刷物を大量に印刷する場合に適する印刷方法です。
写真や文字の細部まで鮮明に印刷することが可能であるため、商業印刷物や美術印刷の多くはこの印刷方式が用いられています。現在世界中で供給される商業印刷機の多くをオフセット機が占めています。

  • メリット:フルカラー印刷、特色印刷などで高精細な印刷ができる。大量の印刷の場合はコストを下げられる。
  • デメリット:金銀なのどのメタリック調の印刷ができない。

シルク印刷

カード全面を特色で加工

シルク印刷

特徴

シルク印刷とは、孔版をスクリーンとして印刷対象を覆い、孔からインクを付けて印刷する方法であり、シルクスクリーン、スクリーン印刷とも言います。
シルク印刷での版は、メッシュ状の幕(スクリーン)に感光剤を塗布してからフイルムを焼き付け、現像処理を行い、これによってできた孔が使用されます。
当初は木枠に絹(シルク)を張った物に裏から型紙を張り、これを印刷面に当てその上からインクを付けて行っていたため、「シルク」という名称が使われていますが、現在では版素材のほとんどがナイロンやステンレス鋼でできており、絹を使用しているわけではありません。
また印刷可能なインク量が多いため下地を完全に覆うことができ、インクの盛り上がった印刷や、機能性塗料などを用いた特殊印刷にも使用されています。

  • メリット:オフセット印刷では表現できない、メタリック調の印刷が可能です。一般的には金色、銀色などがありますが、メタリックブルーなどの色も調色出来ます。
  • デメリット:フルカラー印刷ができない。

箔押し印刷(ホットスタンプ)

金や銀などの箔で高級感を演出

箔押し印刷

特徴

箔押しは、接着剤を蒸着させた金属箔を金属製の版を用いて高温・高圧で熱転写する加工です。箔押しの版は凸版で活版印刷の要領で熱転写を行います。
一般的には金箔、銀箔が多く、最近はホログラム箔の種類も豊富になっています。ロゴやマークなどに箔押しを利用することで、ぐっと豪華な見栄えとなり、VIPカードなどの特別なカードで利用されることが多い。

  • メリット:ちょっと高級感のある特別なカードを作りたい時に有効です。
  • デメリット:箔の種類に制約があり、細かい線、複雑な模様には不向きです。

カードのサイズに関して

弊社では一般的にJIS規格(JISⅡ型)のサイズに準拠し、長辺85.6mm 短辺54mm 厚み0.76mmを基準として作成します。
JIS規格では、長辺に関しては85.47mm~85.72mm、短辺に関しては53.92mm~54.03mm、厚みは0.68mm~0.80mmを規格内と定めています。
また、規格外のサイズにも対応しています。
厚みは0.28mm、0.40mm、0.48mmがあり、大きさもご指定のサイズに合わせて作成可能です。

カードの種類について

カードの材質は主にPETカード、PET-Gカード、PVC(塩化ビニール)カードの3種類となります。

PVC(塩化ビニール)

polyvinyl chlorideの略で、一般的に「塩ビ」と呼ばれ、柔軟性に富み加工しやすく、経年劣化も少ないので耐久性を求められるカードには最も適した素材です。
現在流通しているカードはほとんどこの材質と思って間違いありません。
大量に流通しているので価格も安定していいます。
また、カード専用プリンターを使用した後加工等にも適しています。
※弊社では、厚さ0.28mm、0.48mm、0.56mm、0.76mm等に対応しています。

PET-Gカード

PET-GのPETはポリエチレンテレフタレート、Gはグリコールの略です。
一般的にカードで使用されるPVC(塩化ビニール)との違いは、塩素を含んでいない為燃焼した場合に水と二酸化炭素に分解されるので有害物質が発生しないと言うのが最大の特徴です。
ただし、塩ビに比べ価格が割高となります。
また、カード専用プリンターでも機種やインクリボンによっては適さない場合があります。
弊社では、厚さ0.28mm、0.48mm、0.76mm等に対応しています。

PETカード

PETカードはポリエチレンテレフタレート(PET)樹脂を材質として作られているカードのことです。 
クオカードや図書カード等が代表的なPETカードになります。
これらは裏面に磁気が塗布されていますが、磁気無しのPETカードもあります。
紙では耐久性に問題がある場合など紙からPETへ移行してカードを作成される方も増えています。
※弊社では、厚さ0.25mmのみの取り扱いとなります。